相談窓口

相談窓口

京都市子ども保健医療相談・事故防止センター『京(みやこ)あんしんこども館』

京(みやこ)あんしんこども館では,子育てがより安心安全にできる社会を築いていくため,子どもたちの疾病や成長といった育児上の保健医療に関する不安や悩みについての相談や,子どもの事故に関する調査研究,事故防止の普及・啓発を行っています。

 

京あんしんこども館ウェブサイト

 

場所 中京区釜座通丸太町上る梅屋町174番地3
 電話 231-8002(代表)
231-8005(相談専用)
FAX  231-8003
交通手段  地下鉄:丸太町駅から徒歩5分
市バス:府庁前下車 徒歩1分
開館時間  午前10時~午後6時
(木曜日は正午~午後8時)
休館日  毎週月曜日(祝日の場合翌日),年末年始(12月29日~1月3日)

 

 

<保健医療相談>

 

 

子どもたちの成長や病気など子育てにおいて直面する様々な不安や悩みに小児科医や保健師等小児医療の専門家が相談にお応えします。

 

相談時間  午前10時~午後6時(休館日を除く。)
(木曜日は正午~午後8時) 
来館相談  予約相談
フリー相談(来館時受付) 
電話相談  TEL: 231-8005(専用電話)

 

 

<事故防止啓発>

 

交通事故や溺水,誤飲など,長年,幼児の死亡原因の第1位を占めている「不慮の事故」を未然に防ぐため,普及啓発や調査・研究に努めています。

 

子どもセーフティハウス

 

子どもの事故の特徴は家庭内事故が極めて多いことです。居間や台所など家庭内でよく起こる事故を防ぐ工夫を展示しています。

 

誤飲防止コーナー

 

畳や床に座って暮らすことが多いわが国では,諸外国に比べ誤飲事故が非常に多く発生しています。誤飲による人体への影響と対処方法を展示しています。

 

安全グッズコーナー

 

チャイルドシートの装着方法の説明や,子どもたちにとって安全な環境づくりに役立つ家庭内での事故を未然に防ぐ安全グッズを展示しています。

 

視野体験コーナー

 

幼児視野体験メガネで子どもたちの狭い視野を体験することで,どのように危険を知らせたらいいのかがわかります。

 

<講習会>

 

チャイルドシートの装着や心肺蘇生法など子どもの事故防止とその応急手当講習会を定期的に開催しています。

 

戻る