お父さんの子育て

 こどもは10人10色。子育てに正解はありません。子育てが楽しい時もあれば,不安になる時もあります。子育ては「お母さんまかせ」でなく,お父さんも一緒に「ふたりで育てる」という気持ちが大切です。

 お住まいの区の子どもはぐくみ室では,プレママ・パパ教室を開催しています。ぜひ,ご参加ください。

 ※日時等は各子どもはぐくみ室にお問い合わせください。

 

<お父さんの構え~母子健康手帳副読本より~>

*妊娠中

 お母さんは,ちょっとしたことにも心が動揺し,神経質になりやすいものです。悩み事,心配事などの解消には周囲の人々の協力も必要ですが,何よりもお父さんの精神的な援助と理解がお母さんの心を一番和らげることになります。

 妊娠中の精神的なストレスは,死産や早産などを起こしやすいと言われています。精神的なショックを与えるような言動は慎みましょう。家事を一緒にするなどお母さんと一緒になって,赤ちゃんを迎えるための生活の準備をしてください。

*出産

 出産直後は,赤ちゃんを生んだ喜びでいっぱいのお母さんも,産後2,3日すると情緒が不安定になって,ちょっとしたことで悲しくなったり涙もろくなったり,不眠,食欲不振になったりすることがあります。これは,産後のホルモンの変化によるものです。また,慣れない育児で疲れがでたり,思うようにならなくて不安定になったりもします。ホルモンバランスが安定するまで普段以上の気配りと協力が必要です。

*育児(1歳まで)

 お母さんは,妊娠中から子どもの存在感があり,出産後自然に母子の絆を結びます。一方,お父さんは毎日の赤ちゃんとのかかわりの中から自然な父と子の絆が生まれます。たとえ時間が短くても,できるだけ赤ちゃんとふれあい,感動をもって育児に参加しましょう。また,お母さんの良き話し相手となり,家事も分担して母子を支えましょう。

*育児(1歳以上)

 お母さんの存在や役割とは違う意味で,お父さんの存在や役割を次第に理解できるようになります。子どもの成長をよくつかみ,良き遊び相手となって,楽しんで育児にのぞみましょう。機会があるごとに,お母さんとよく話し合い,子育て(しつけ等)は夫婦の手でしっかりとしましょう。
 子どもが大きくなればなるほど,将来のおとなの「モデル」として,社会のルールや約束ごとを教えるのに,お父さんは極めて大切な存在となります。

 

第三子以降及び多胎の出産をサポート!産前産後へルパー派遣事業

母親が第三子以降の子又は多胎児の出産の前後で家事又は育児を行うことが困難な家庭に,家事等の援助を行うためのヘルパーを派遣します。

 

「第三子以降及び多胎の出産をサポート!産前産後へルパー派遣事業」についてもあわせてご覧ください。

 

利用対象

 

京都市内に居住し,次のいずれかに該当し,家事等が困難であり,適切に家事等を行う方が他にいない母

 

(1)小学生以下の子が2人以上いる世帯で,第三子以降の子の妊娠中又は出産後

 

(2)多胎児の妊娠中又は出産後

 

派遣期間

 

(1)第三子以降の子の産前産後
出産予定日の2か月前から,出産(予定)日の2ヶ月後まで

 

(2)多胎児の産前産後
出産予定日の2か月前から,出産(予定)日の1年後まで

 

派遣日等

 

(1)派遣日
月曜日から日曜日まで毎日(年末年始を除く。) 午前7時30分から午後7時まで

 

(2)派遣時間
1日1回,1回当たり2時間以内

 

(3)派遣回数
・第三子以降の子の産前産後:16回以内
・多胎児の産前産後:32回以内

 

利用料

 

  1. 生活保護世帯及び市民税非課税世帯 無料
  2. その他の世帯 800円/時間

 

問合せ:お住まいの区の区役所(支所)の子どもはぐくみ室

市立幼稚園

京都市では16園の市立幼稚園を設置しており,心身ともにたくましく思いやりのある子どもの育成を進めています。

 

(1) 入園にあたって

 

11月初旬に入園願書の交付・受付をします。年度途中の入園は各幼稚園(「幼稚園一覧」を参照してください。)で随時受け付けています。

 

(2) 豊かな保育内容

 

京都市市立幼稚園の生活には,豊かな体験活動がいっぱいです。遊びを中心にした活動の中で「確かな学力・豊かな心・健やかな体」の基盤を育成し,学びの基礎力を育みます。

 

健康 心も体も元気に!

 

  • お日様の光をいっぱい浴びて,体を存分に動かして遊びます。
  • 生活に必要な活動を自分でできるようにして,規則正しい生活のリズムが身に付くようにします。
  • 栽培や収穫等の経験を通して育てる喜び,友達と一緒に食べる喜びを味わい,食への興味や関心を育みます。

 

人間関係 先生大好き!ともだち大好き!

 

  • 教師との信頼関係を基盤に,自己発揮する中で人とかかわる力を育みます。
  • 人と一緒に生活していくためのルールを学びます。
  • 友達と共通の目的をもち一緒に遊ぶ中で,実現する喜びを味わいます。

 

環境 「やってみたい!」「なんでかな?」は思考力の第一歩!!

 

  • 心が動く,やってみる,なるほど,くり返す,やっぱり…という学びの過程の中で思考力を育みます。
  • 自然の美しさ,大きさ,不思議さに出会い,豊かな感性を育みます。
  • 飼育物や小動物とかかわり,生命の尊さやいたわりの心を育みます。

 

言葉 お話聞いて!お話聞かせて!

 

  • 伝えたい,聞いてほしいということが言葉を交わす喜びにつながります。
  • 興味をもって,注意して聞く気持ちを育てることが,伝え合う喜びにつながります。
  • 絵本やお話の世界を十分に楽しんで,豊かな想像力と言葉に対する感覚を養います。

 

表現 豊かな感性は,感動から生まれます!

 

  • 素朴な表現を大切に受け止め,表現する意欲を育みます。
  • 歌を歌ったり,なりきって遊んだりすることで,自己表現する楽しさを味わいます。
  • 様々な素材に出会い,思いきり活動することで,心を開放して遊び,表現する楽しさを味わいます。

 

(3) おもな文化行事

 

(1) 市立幼稚園大会 全園の5歳児が一堂に集い,歌や合奏,ダンスなどを発表します。
(2) 市立幼稚園こども展 全園合同により,園児たちの絵画作品の展示をはじめ,園児の幼稚園での生活の様子を楽しく紹介します。
(3) 音楽鑑賞教室 園児たちが一流の音楽家と一緒に歌い,目を輝かせて元気一杯に楽しむ「音楽鑑賞教室」を実施しています。
(4) 一日どうぶつ園 園児たちが親しみをもって動物と接し,いたわったり大切にしたりする体験の場として,園庭を使用した「一日どうぶつ園」を実施しています。
(5) 親子音楽鑑賞会 京都市交響楽団による本格的なオーケストラの演奏を親子で鑑賞し,豊かな感性や表現力を育むとともに,親子で一緒に体験する場として「親子音楽鑑賞会」を実施します。

 

 

(4) 地域に開かれた幼稚園

 

0歳から5歳の幼児とその保護者を対象に幼稚園を開放して,子育てについての相談を受け付けています。

 

保護者同士が子育てに関して交流したり,未就園児と在園児が一緒に鑑賞する人形劇等を実施するなど,子育て支援センターの機能を持った地域に開かれた幼稚園づくりを進めています。

 

(5) 親子の学びと育ちの広場

 

親同士・子ども同士の交流を充実させる体験活動や学習の場を提供する「親子の学びと育ちの広場」を実施しています。

 

4cp04

保育園(所)・認定こども園・小規模保育事業所

京都市では,夫婦共働き,病気や親族の介護などで,家庭で子どもを保育できない場合,家庭に代わって,市内に設置されている保育園(所)・認定こども園・小規模保育事業所等(児童福祉法に基づき設置,認可されている施設・事業)で子どもを保育しています。

 

受入年齢は,各施設によって異なりますが,産休明けから小学校就学前までの子どもが入所できます。

 

<保育園(所)・認定こども園・小規模保育事業所に関すること>

 「入所に関すること」はこちら
 
 「保育料に関すること」はこちら
 
 「保育施設・事業所一覧」はこちら

 

 

<多様な保育サービス>

 

 「夜間保育」について

 

夜間の保育需要に対応できるよう,市内に8箇所の夜間保育所を設置しています。

保育時間 午前11時〜午後10時 (延長保育は午前9時〜。保育料とは別に利用料が必要です。)
設置行政区・箇所数 上京2,左京2,中京1,山科1,南1,右京1 (「夜間保育所一覧」)

 

 「障害児保育」について

 

肢体不自由・知的障害等の障害があり,保育所の入所要件を満たし,集団生活になじむ児童が,保育所に入所しています。受入体制等の関係から,入所には事前相談が必要です。

 

 「一時預かり事業」について

 

保護者の就労形態の多様化に伴う一時的な保育,保護者の傷病などによる緊急時の保育,保護者のリフレッシュを図るための一時的な保育,裁判員制度に参加するための一時的な保育など,さまざまな保育ニ−ズに対応するため,実施しています。 

「一時保育実施保育所一覧」をご覧ください。

 

 「休日保育」について

 

保護者の就労等により,日曜,祝日等において家庭で保育できない児童を預かり,保育所で保育を実施しています。

 「休日保育実施保育所一覧」をご覧ください。

 

< 地域での子育て支援活動>

 

保育所では,子育てに関する専門的な知識や経験,保育環境を生かして,子育て中のご家庭を応援するための活動をしています。お子さんと自由に過ごしていた だく園庭開放や遊びや育児の体験,子育てなどについての相談,交流の場の提供,子育て講座などを行っています。詳しい活動内容や予定は各保育所の掲示板や ビラなどでお知らせしています。

 

4cp01

母子健康手帳

妊娠した方は,居住区の子どもはぐくみ室へ妊娠の届出を行ってください。届出時に「母子健康手帳」をお渡しします。妊娠・出産等について,分からないことや不安なことがあれば,届出時に相談しましょう。

 

届出に必要なもの

 

1 妊娠届
用紙は,産婦人科の病院,医院及び助産所などにもあります。
2 個人番号カード

※個人番号カードがない場合は,個人番号が正しいことを確認する書類(通知カードまたは個人番号付き住民票等)と本人であることを確認する書類(運転免許証またはパスポート等)を持参してください。                                なお,本人であることを確認する書類が顔写真付きでない場合は,健康保険証,年金手帳等,2つ以上の書類が必要です。

※代理人による届出の場合は妊娠した方の上記カード・書類等(コピー可)に加え,委任状と代理人本人であることを確認する書類(運転免許証またはパスポート等)を持参してください。

その他

 

  • 「母子健康手帳副読本(京都市が実施している母子保健施策等の紹介)」,「予防接種と子どもの健康」,「プレママバッチ」及び「妊産婦健康診査受診券綴」などを母子健康手帳と一緒にお渡ししています。
  • 妊娠中に手帳をもらっていない方は,出産後に子どもはぐくみ室に申し出てください。手帳をお渡しします。
  • 双生児(ふたご)以上の赤ちゃんを妊娠した場合は,赤ちゃん1人につき1冊の手帳をお渡しします。

 

 

母子健康手帳って何に使うの?

 

母子健康手帳は,妊娠の初期から子どもが小学校に入学するまでの間の,母と子の一貫した健康記録に使います。健診や予防接種,診察を受けるときには,必ず 持参して,医師や保健師などに記入してもらいましょう。また,お母さんとお子さんの健康状態を記録する欄もありますので,きちんと記入し,健康管理に役立 てましょう。

 

詳しくはコチラを御覧ください。

放課後ほっと広場(学童クラブ機能)事業

児童館等による学童クラブ事業を実施していない地域において,ひとり親家庭,両親の共働きその他の事情などで昼間留守になる家庭の小学生の児童を,放課後安全に保護し,かつ, 健やかに育成するために,小学校内で「学童クラブ機能」を有する事業を実施しております。本事業は,京都市が公共的団体に委託して実施しており,小学校内 で実施している「放課後まなび教室」と緊密な連携のもと,専任の職員が児童の指導にあたり,放課後の子どもたちの生活の場として,家庭的な暖かい雰囲気を大切にし,活動しています。

 

(1)実施小学校

 

京極小学校(上京区),下鴨小学校(左京区),西大路小学校(下京区),九条弘道小学校(南区),嵯峨小学校(右京区),花園小学校(右京区),竹の里小学校(西京区),北醍醐小学校(伏見区)

(2)実施日

 

日曜日・国民の祝日,年末年始(12月29日〜1月3日)及び学校閉鎖日を除く毎日。

 

(3)実施時間

 

  1. 月曜日〜金曜日 放課後から午後6時30分まで
  2. 土曜日及び学校長期休業期間中等 午前8時00分から午後6時30分まで

 

(4)定員

 

1箇所あたり概ね30名とします。

 

(5)対象児童

 

小学校1年生から6年生までの児童で,次の要件を満たす児童。

 

  1. 児童の保護者のいずれもが,次のいずれかの事情に該当するため,その児童を保護する者がいない場合。(同居の親族等がその児童を保護することができる場合は除く。)
    ア (就労)居宅外又は居宅内で就労することを常態としていること。
    イ (その他)身体・健康上の理由のために児童を保護できないこと。
  2. 保護を必要とする児童が,病気などのため,集団での保護及び育成が不可能でないこと又は著しく困難でないこと。

 

(6)登録手続

 

登録を希望される放課後ほっと広場において,申請を受け付けます。ただし,放課後ほっと広場実施小学校在校生に限ります。

 

なお,障害のある児童の登録を希望される場合は,事業運営団体(京都市学童保育所管理委員会)にご相談ください。状況に応じて介助者の派遣を行っています。

 

★提出書類

 

  1. 放課後ほっと広場(学童クラブ機能)利用許可申請書
  2. 放課後児童を保護する者がいない状況を証明する資料
    ア (就労)を理由とする場合は,就労証明
    イ (その他)を理由とする場合は,保護できない状況に応じて指示する書類(診断書など)
  3. 収入状況を証明する書類(収入状況等申告書及び源泉徴収票等の添付資料)

 

(7)費用負担

 

(1)世帯の課税状況等に応じて利用料金をお支払いいただきます。

 

(月額)

階層 課税状況 午後6時までの利用 午後6時30分までの利用
1人目 2人目以降 1人目 2人目以降
A 生活保護受給世帯又は中国残留邦人に対する支援給付受給世帯 0円 0円 0円 0円
B 所得税及び市民税非課税世帯 1,000円 600円 1,100円 600円
C 市民税のみ課税世帯 1,800円 1,000円 2,100円 1,200円
D1 所得税課税額10,000円未満 2,700円 1,400円 3,300円 1,600円
D2 所得税課税額10,000円以上20,000円未満 3,200円 1,700円 3,800円 1,900円
D3 所得税課税額20,000円以上30,000円未満 3,800円 1,900円 4,400円 2,200円
D4 所得税課税額30,000円以上60,000円未満 4,200円 2,100円 4,900円 2,400円
D5 所得税課税額60,000円以上100,000円未満 4,800円 2,600円 5,600円 3,000円
D6 所得税課税額100,000円以上200,000円未満 5,300円 2,800円 6,200円 3,300円
D7 所得税課税額200,000円以上400,000円未満 5,600円 2,900円 6,500円 3,400円
D8 所得税課税額400,000円以上 5,900円 3,100円 6,800円 3,600円

 

 

②おやつ代や教材費の実費負担が必要です。

 

 

放課後ほっと広場(学童クラブ機能)事業一覧

名称
実施場所
電話番号
京極小学校放課後ほっと広場 京都市上京区寺町通石薬師下る西側染殿町658 京極小学校内 231-0999
下鴨小学校放課後ほっと広場 京都市左京区下鴨宮崎町4-2 下鴨小学校内 781-1106
西大路小学校放課後ほっと広場 京都市下京区七条御所ノ内西町71-1 西大路小学校内 313-0323
九条弘道小学校放課後ほっと広場 京都市南区西九条春日町13 九条弘道小学校内 671-1107
嵯峨小学校放課後ほっと広場 京都市右京区嵯峨釈迦堂大門町35-1 嵯峨小学校内 861-1566
花園小学校放課後ほっと広場 京都市右京区花園車道町1 花園小学校内 822-2320
竹の里小学校放課後ほっと広場 京都市西京区大原野東竹の里町四丁目1 竹の里小学校内 332-3302
北醍醐小学校放課後ほっと広場 京都市伏見区醍醐片山町11 北醍醐小学校内 572-4455

 ※ 登録手続は,放課後ほっと広場実施小学校在校生に限ります。

 

 

●問合せ:育成推進課(健全育成担当 TEL.746-7610)

4cp06

私立幼稚園

京都市では,約11,500人の子どもたちが私立幼稚園に通っており,小学校入学児童のおよそ半数は私立幼稚園の卒園生です。

 

幼児期は,自発性や主体性,自律心を育てるために人生で最も重要な時期であり,各私立幼稚園では,日々,それぞれの教育方針に基づく,創意工夫あふれる取組を積極的に進め,幼児期の子どもたちに人間形成の基礎を培い心身ともに健やかに育んでいます。

 

<入園にあたって>

 

私立幼稚園では,すべての幼稚園で3歳から入園できます。また,満3歳になった日からの入園が可能な幼稚園や預かり保育を実施している幼稚園もあります。

 

次年度の4月からの入園を希望される場合,入園願書の発行は,9月1日以降,入園願書の受付は,10月1日以降となります。

 

その他,年度途中の入園など詳しいことについては,希望される幼稚園(「幼稚園一覧」)を参照してください。)にお問い合わせください。

 

入園募集について,詳しくはこちら

 

<入園すると保育料等の減額が受けられます>

 

園児の保護者の方は,本市が定める補助金額を限度として在園幼稚園の保育料等の減額補助を受けることができます。

 

くわしい内容については,在園されている幼稚園,又は,いつでもコール(TEL: 661-3755)へお問い合わせください。

 

市営保育所地域子育て支援拠点事業(あい・京ぷらざ),市営保育所地域子育て支援事業

お子さんが0~6歳(就学前)もしくは出産前のご家庭を対象に,京都市営保育所や,地域の子育て支援施設,公園などで保育士(※専任2名)が,子育て相談,園庭開放,子育て講座,子育て教室などを行っています。

 

※専任保育士(2名)は地域子育て支援拠点事業(あい・京ぷらざ)のみ

 

詳しくは,「地域の子育て支援」をご覧ください。

 

あい・京ぷらざ「子育て通信」

 

2c06

入院助産制度

(1)助産施設とは

 

助産施設とは,経済的な理由で病院や助産所に入院して出産することができない妊産婦のために,児童福祉法第36条により安全な出産を図る施設(病院・助産所)です。

 

(2)施設を利用できる方

 

1.生活保護を受けている世帯

2.当該年度分(4月〜6月出産の方は前年度分)市民税が非課税の世帯

3.当該年度分(4月〜6月出産の方は前年度分)市民税のみ課税され前年分(1月~6月出産の方は前々年分)の所得が非課税の世帯

4.前年分(1月〜6月出産の方は前々年分)の所得税が8,400円以下の世帯で,福祉事務所長が特に必要と認めた世帯

 

ただし,3,4については,健康保険(国民健康保険を含む)から給付を受けることができる額(出産育児一時金)が404,000円(産科医療補償制度により加算される額(16,000円)を除いた額)以上の方は,利用できません。

 

※平成24年7月以降の所得税・市民税の計算方法

平成22年度税制改正において,年少扶養控除(16歳未満の方)及び特定扶養控除(16歳~19歳未満の方)の上乗せ部分が廃止されましたが,助産施設が利用できるかどうかの判定は,これらの所得控除が廃止されなかったものとして行いますので,19歳未満の方を扶養している場合,課税世帯であっても助産施設が利用できる場合があります。詳しくは区役所(支所)の保健福祉センターでお尋ねください。

 

(3)利用料金(本人負担額)

 

A…出産育児一時金

区分 基本額(円) 加算額(円)
上記(2)1に該当する方 0 0
上記(2)2に該当する方 0 A×0.2
上記(2)3に該当する方 1,100 A×0.3
上記(2)4に該当する方 2,500 A×0.5

 

・ この金額は出産のために入院されてから退院されるまで,入院助産を受ける費用で,入院前・退院後の費用や交通費は含みません。

・ 利用料金は,退院日以降に京都市により納付書を送付しますので,お近くの金融機関で納付してください。

・ この他に病院によりおむつ代などの実費を請求される場合があります。

・ 多胎出産の場合,上記(2)1以外の方は別途利用料金が加算されます。

 

 

(4)手続き

 

助産施設を利用される方は,お住まいの区の区役所(支所)の保健福祉センターへ,次の書類を添えて事前にお申し込みください。

 

1.児童福祉施設入所申込書(用紙は区役所(支所)の保健福祉センターにあります)

2.当該年度(4月〜6月出産の方は前年度)の市民税課税額を証明する書類

3.健康保険被保険者証

4.印鑑

5.助産施設で出産を予約している証明書(入院予約票など)

6.出産予定日を証明する書類(母子健康手帳(写)など)

 

(5)入所の決定

 

区役所(支所)の保健福祉センターで必要な審査を行ったうえ入所を決定します。

 

なお,入所承諾後に世帯状況の変更,住所変更,健康保険への加入・脱退,多胎出産,出産予定病院の変更等により,申込み内容に変更が生じた場合には決定の変更が行われる場合がありますのでお申し出ください。また,入所が適当と認められなくなった場合は,承諾を解除します。

 

(6)市内の助産施設一覧表

 

施設名 所在地・電話 定員
京都第二赤十字病院 上京区釜座通丸太町上る春帯町355-5/TEL.231-5171 2
京都府立医科大学附属病院 上京区河原町通広小路上る梶井町465/TEL.251-5111 2
日本バプテスト病院 左京区北白川山ノ元町47/TEL.781-5191 2
京都民医連中央病院 中京区西ノ京春日町16-1/TEL.822-2777 5
京都市立病院 中京区壬生東高田町1の2/TEL.311-5311 2
京都第一赤十字病院 東山区本町十五丁目749/TEL.561-1121 4
洛和会音羽病院 山科区音羽珍事町2/TEL.593-4111 3
今井会第二足立病院 南区四ツ塚町1/TEL.681-7316 1
京都桂病院 西京区山田平尾町17/TEL.391-5811 2
独立行政法人国立病院機構京都医療センター 伏見区深草向畑町1-1/TEL.641-9161
医仁会武田総合病院 伏見区石田森南町28の1/TEL.572-6331 3

 ※ 平成28年1月から原則受入を休止

 

市外の助産施設に入所することもできますが,助産を受けようとする病院が助産施設の認可を受けているかどうかを確認し,区役所(支所)の保健福祉センター担当者と相談のうえ,ベッド予約等の手続きをとられるようお願いします。

第124回日本小児科学会学術集会「市民公開講座&若者クラシックミニコンサート」

 小児科領域に携わる医療関係者と市民がともに子育て支援施策について知り,子育てについて考える場として,国立京都国際会館で開催される市民公開講座及び若者クラシックミニコンサートをWebにて生配信します。
 当日は,西脇知事や門川市長,京都府と京都市の小児科医による講演が行われ,その後は心和んでいただけるクラシックミニコンサートが開催されます。 
 是非,ご参加ください。

○第1部 講演(14:30~16:00)
 西脇知事 講演『「子育て環境日本一」をめざして(仮)』
 門川市長 講演「京都市の子育て支援について~はぐくみ文化の息づくまち・京都~」
 京都府山城南保健所 三沢所長
       講演「母子保健福祉からの子育て支援 ~小児科と連携した取組~」
 京都市子ども若者はぐくみ局 子ども若者未来部 有本担当部長
      講演「地域母子保健が子どもたちのためにできること」

○第2部 ミニコンサート(16:10~16:50)
 若者クラシックミニコンサート
  ~石上真由子氏,スーパーキッズオーケストラ~

第124回日本小児科学会学術集会ホームページ
https://site.convention.co.jp/124jps/